読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Make you happy

大切なことは君がいること

私の中心がジャニーズになるまで

久々にブログが書きたくなって
いつか登録してあったはてなブログを引っ張ってきた

書く事なんて特にないけど
パソコンをひたすらタイピングするのが好きだから
どうでもいいことをつらつらと書いてみる

久々にブログを書きたくなって思い出した
いつからこんなに私の人生の中心はジャニーズになったのだろう

もとはと言えば母親の影響である
物心ついたころには私のまわりには嵐で溢れていた
二宮君がジュニアのときからの熱狂的なファン
小学生のときはたくさん現場にも連れて行ってもらったし
その流れで翔くんに恋をするのはごく自然なことだった
ただまわりにそんなにジャニーズに熱をあげる人はいなかったし
小学生のすきなんてたかが知れていた
嵐がまだ国民的アイドルなんて言われる前だったしね

中学生になるとまわりにだんだんいわゆるジャニヲタが増えていった
その友達のひとりがアメブロをしていて
言われるがままにブログを開設
同じく嵐を好きな人を見つけてはアメンバー申請したり
ひとのコンサートのレポなど読みだしたのはこのころからだ
自分が何を投稿していたかは一切覚えていない
ただこの頃はもう翔くんが好きで仕方なかった
口を開けば翔くん翔くん
一方嵐はどんどん国民的アイドルの地位を確立していった
それと同時にどんどん母親の嵐への熱も冷めていった
CDもDVDも買わないと言い出し
初めて自分でCDを買わないといけない状態に陥った
でも小さいころから必ずCDなどを買ってる母親をみていた私は
「好きなら買う」これが当たり前だと思っていた
もちろん中学生だから限度があった
早く働きたい早く稼ぎたいこれが口癖だった

高校生になってやっと働ける!!と喜んだ
もちろんアルバイトOKな高校を選んだ
なのに入学すると入学式のその日に
高校側にアルバイトは7月に行われる期末テスト以降まで禁止と説明される
やってられるか!!と帰宅してすぐ狙っていたバイト先に面接を申し込む
それが今のアルバイトだからもう5年目になる

毎日毎日働いて嵐の為に貯金した
でも嵐のチケットは本当に争奪戦でまあ当たらない
中学生のときにはできなかったグッズ全部買いをしてみたり
それでもお金に余裕はあった
確かアラフェスだった
また落選。肩を落としているわたしに友達が
関ジャニ∞行ってみない?」と誘ってくれた
軽く返事をするまま当選
なんの実感もわかないまま当日を迎えた
8EsT 味の素スタジアムだった
ペンライトもなにも買わずに公演スタート
もう嵐と全然違う!特に好きな人もいなかったから
満遍なくメンバーを見てたつもりだったのに
公演が終わるとすぐグッズ売り場に走っていた
横山くんのクリアファイル 横山くんのポスター
横山くんのフォトセットを買って帰った
そこからは早かった
東京ドームのライブも決まってたからそれにいきたくて
応募したい一心で次の日にはファンクラブにお金を振り込んだ
応募したら当たって東京ドーム2Daysを決め込む
このころにはtwitterに登録していた気がする
でも会場で誰かにあってとかはなかった
そこからはもう横山くん一筋だった
もちろん嵐は好きだったし応募もしていたけど
面白いくらいに落選つづきだった

JUKE BOXでは初めて遠征をした
名古屋に友達と夜行バスで向かった
しかも公演終了後バスに乗って東京に着いたらそのまま
補修という鬼スケジュールだった
のに、乗り遅れた
ただしくは集合場所には2時間前についていたのに
乗れなかった
皮肉なことに初めて横山くんに
ファンサをしてもらったのもこの日だった。
同じツアーで大阪にもいった
この時から私は大阪が大好きだった

高校3年生になって関ジャニ∞に対する私の執着はどんどん強くなった
週5~6で働いていた
学校は寝るところだと思ってた。
夏も4公演中3公演は入ったし
ツアーは全ステというものまでしてしまった
理由は来年から自分は専門学生になって
もう大阪になんてましてや北海道や福岡なんていけないと
おもったからだ

専門学生になってバイトを減らした
学校の日はバイトしないと決めていたから
でもそんな考えは一瞬で変わった
友達とカラオケでなんとなく見ていた本人映像
ジャニーズWESTのバンザイ夢マンサイで
濵田くんが気になってもう気づいたら
濵田君がすきだった
少クラも録画し始めたし発売が決まっていたアルバムも予約した
ツアーにも行きたくなってチケットを探し始めて
驚きのフットワークの軽さで横アリ全ステを成し遂げる
自ら沼に転げ落ちた

横山くんの舞台もあったしバイトのシフトは高校の時に逆戻り
むしろ高校生という制限もなくなったから高校の時より厳しくなった
結局横山くんの舞台ブルームーンをみに大阪までいった
もう大阪を遠いと思わない自分がいた。
慣れってこわいな。

じゃあいつ関西ジュニアにはまったのか全然名前が出てこないじゃないか
そう思うだろう
パリピポ横アリ3日目に一緒に入る約束をした友達から
パリピポ初日に届いたLINE

「バックだれついてた?まとくんいたかな?」

頭にはてなでいっぱいだった
Jr.の子がたくさんついているのは知っていた
紹介されていたし名前もあおられていたから
でも誰が誰かなんてまったくわからなかった
ただJr.紹介の時に一人だけかわいくてたまらないひとがいた
かっこよくてキラキラするこが

横山くん、濵田くんを連続ですきになった私には
関西はかっこいいことは恥ずかしくてしない
ってイメージがこびりついていたので驚きでしかなかった
そのまま次の日のJr.コーナー
私は必死に”まとくん”の名前が呼ばれるのを待った

「はやしまとり-!!」

あっ!!これかまとくん!と
思うとそのこは昨日のとてもかわいくてたまらない子だった

ここで初めて林真鳥を認識する
でもハマることはなかった
濵田くんにはまったばかりだったし
横山くんの舞台もあったし

横山くんの舞台がひと段落したころ
我が家のHDDがぶっ壊れた
これは死活問題だ!!と親に騒ぎ立てて
新しいものを購入。

そのとき判明したのが1代目HDD君の容量が350GBしかなかったこと
新しいものが1TBもあることそれが嬉しくて
ジャニーズ関連の番組を全部録画した
この時録画してたのがまいジャニ。
はじめて録画したのがBKBさんとの対決のやつ
単純におもしろいと思ってそのまま毎週録画
そしてあの企画
関西ジュニア王決定戦
「てててててててて 好きやで」
きたーーーーーーーー
もう真鳥くんすごくかっこいい!!すき!!
てなって真鳥真鳥いいだして
気づいたら少年たち買ってるし夜行バス予約してるしどうする??
関西ジュニア漁ってるうちに龍太君、大晴ちゃんにはまる
大晴は年下で年下にだけはハマらないってきめてたから
ずっと認めてなかったけどクリパで目で追ってることに気付いて
ラキセでも目で追ってることに気付いて応援するって決めた

そして今に至る
年間で大阪に行く機会はどんどん増えるし
今年ももう5回も行っている。まだ5月なのに。
こんだけ関西に熱をあげておいて
今は関東のHihi猪狩くんとSnoeMan阿部くんが気になって仕方ない

いままで割と沼だよって周りに言われても
好きなんだから応援するとさらっと沼に身を預けていたが
今回は違う脳がこれ以上はダメだよって制御掛けてるからどうなることやら

こうご期待✩⃛